2009年03月14日

浅羽莢子さんのブログ

 『蜂の巣にキス』までのキャロル作品を訳した浅羽莢子さんが亡くなって二年半が過ぎた。

 浅羽さんのブログには、二年近くたっても、ぽつぽつと人が訪れてはお悔みの言葉やら天国の浅羽さんへの報告やらを残していて、読むたびにじんわりと何かが胸にしみて行くような心地がしていた。

 それがここ半年ばかり、スパムコメントが目立つようになり。
 一応どなたかが管理しているようで、ここのところはコメントが承認制になっているのだけど、そうそうまめにチェックすることもできないようで。もちろん善意で残すようにしてくださっているのだろうし、本人のブログでもない以上マメにチェックできないのは仕方のないことだと思う。ただ、スパムコメントってのがこんなに頭にくるもんだとは思わなかった。何だか、死者を冒涜されているような。

 かつての静けさが懐かしいな、と思わずにはいられない。
【関連する記事】
posted by けいりん at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115635357

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。