2007年06月24日

月の骨 (Bones of the moon)

 愛してない男の子供を身ごもり、中絶すると言う辛い体験はしたものの、今では「この世で一番素敵な旦那さま」と暮らし、おなかには赤ん坊も授かって幸せ一杯の生活をおくっている「あたし」ことカレン・ジェイムズ。だが妊娠した頃から、彼女は「ロンデュア」という不思議な場所の夢を見始める。大きなものを言う獣たち、「ペプシ」という名の息子、奇妙な海、奇妙な人々、奇妙な世界……。彼女とペプシの目的は、このロンデュアに5本ある「月の骨」を集めること。やがて夢と現実は、互いにその領域を侵しはじめていく。

 粗筋だけ読むとまるで異世界ファンタジーなこの作品、そのつもりでページを開くといきなり一ページ目で度胆を抜かれる。酒見賢一『後宮小説』にまさるとも劣らない衝撃の書き出し(教えてあげません、驚いて下さい)。

 ところが読み進んでいくうちに、そんなショックもどこへやら、恋愛小説かと見紛うばかりのストーリー展開。とはいえそこは処女作であれだけの構成力を見せてくれたキャロルのこと、少しずつ、少しずつ最初のシーンに連なる描写がおり挟まれていて、これが全体に、なんとも言えない不安な影をもたらしている。

 さらに夢の世界ロンデュアの描写が入ってくると、日常生活、書簡、ロンデュア、の三つの描写が、絶妙のバランスをとりながらこちらを作品世界に引きこんでくれる。ロンデュアの描写は非常に視覚的で、映画でも見ているような気分。

 ラストはやっぱり衝撃。処女作程じゃないけど、「なんで!」と叫びたくなるような悲劇的な事件がおこる。一応ハッピーエンドかな? でも何となく不安な感じが消えない。この後味の悪さこそがキャロルの醍醐味。
posted by けいりん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45806169

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。