2007年06月24日

犬博物館の外で (Outside the dog museum)

 自称「いやな人間」かつ「天才」建築家のハリー・ラドクリフ。中東の小国サルーのスルタンは、彼に犬博物館の設計を依頼する。しかしサルーでは、犬は宗教的タブーなのだ。しかも彼の周囲には、変事が続発し、仕事は遅々として進まない。やがて、明らかになる、ハリーの「使命」とは……

 はい、このblogの、ひいてはその前身であるホームページのタイトルは、この作品からとています。

 もちろんそこまでする作品が嫌いなわけはなく、この本、なんとも愛おしいというか、身につまされ……あ、いや、こほん。

 三冊目のヴェナスクもの。主人公は、『炎の眠り』にチョイ役で登場し、『空に浮かぶ子供』でも名前がでていたハリー・ラドクリフ。この男、自分で言う程嫌なやつかどうか、今一つさだかでない。恋人が二人いるのは、まあ、そりゃあちょっと、思わないでもないが、二股かける程度のことは一度や二度……いや、そのあの。

 おそらく、キャロル独特の(そして浅羽莢子さんの訳による)軽妙な口調が、嫌さ加減を覆い隠してしまっているのだろう。このへんは今までの作品とも共通する。

 ところが内容のほうは、今までとはちょっと変わった毛色のもの。確かに、創造、天使、悪、など、キャロルファンにお馴染みのテーマと絡んではいるし、他作の人物が次々登場するのも『炎の眠り』以降お決まりの趣向ではあるのだが、メインテーマはちょっと今までに見覚えがないもののように思う。それは(例によってネタバレ防止のため、詳しくは書かないが)今までのキャロルにない壮大なものであり、そのためか結末も、いつもの漠然とした不安を残すものではなく、静かながらも力強いものとなっている。
 この静けさには胸を打たれる。


 今回は、他作からのゲストとして、ヴェナスクはもちろんだが、『炎の眠り』からウォーカーとマリスのカップル、さらに『炎の眠り』ではまだ生まれていなかった彼等の息子も登場。


posted by けいりん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。