2007年06月24日

沈黙のあと

文庫版

単行本


 『僕は息子の頭に銃を突きつけている……』
 漫画『ペーパー・クリップ』の作者、マックス・フィッシャー。自作を含む展覧会の会場でリリー・アーロンと息子のリンカンにであった彼は、二人の魅力に引き付けられていく。幸福な日々。だが少しづつ、そこに暗い影が忍び寄っていく。嘘。秘密。それらを知り、すべてをなかったことにして受け止めようとするマックスだったが、まるで秘密自体の復讐のように、影は彼等の生活をおおいはじめ……

 長編第七作。上の紹介はあまり紹介になっていないような気もするけど、どうか御勘弁。冒頭に挙げておいた引用に何ごとかと思っていただければOK。あとは信じて読んでいただくしかありません。

 低い評価をくだしている知り合いがいることもあって、あまり自信を持ってすすめられないところはある。確かに、いつもながらの巧みな導入部に、サスペンスものか推理ものみたいな中間部にくらべると、後半の唐突な展開は賛否の別れるところではあると思う。

 けれどもこの、「はあ!?」と目をしばたいてしまうような唐突さと、中ぶらりんで無気味な読後感は、むしろキャロルの醍醐味だと思うし、とにかく、読んでいる間はノリノリで楽しめるはず。

 ファンにはお馴染みのモチーフ(父親、天使、死)や固有名詞(『深夜』、サルー、フィンキー・リンキー……)もたっぷりだし、これまでキャロルを読んできた方にはぜひ読んでみてほしい一冊。また、ファンタジー色が薄れている(というか、ファンタジーではない、という読み方も可能な)のもこの作品の特色で、初めての読者にも取っ付きやすい作品なのではなかろうか。


posted by けいりん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。