2007年06月24日

蜂の巣にキス (Kissing the beehive)



 人気作家の主人公は、少年時代の記憶にスランプ脱出のヒントを見いだす。十代の彼がある日川で見つけた死体。それはその小さな町で誰もが知っている、奔放な美少女だった。いったい彼女を殺したのは誰だったのか? そして真相を探る主人公に迫る謎の影は・・・

 キャロル初の、ファンタジー色が全くない長編。にもかかわらず、キャロルでしかあり得ない世界。

 確かにヴェナスクもフィンキー・リンキーもビタミンDも、しゃべる犬も、天使も、魔法のかけらも登場しない。
 一方で、軽妙な語り口や、ユーモアに支えられて決して嫌味になることのない警句、唐突な死と意外な結末などは、まさしくキャロルならではのものだと思われる。

 また、「本を書くためにある町に逗留する主人公と、その調査に無理矢理協力する女性」という構図は「死者の書」を思わせるし、その本の内容が自らの過去に関わるものだという点は「我らの影の声」のようだ。
 
 何より、愛と狂気の境界、「父と子」というテーマ、「他人が見ている自分」の描写、そういったものは今までのキャロル作品においても、「核」といっていいものではなかったか。
 
 「キャロル作品として」ばかり語ってしまったが、元からのファン以外にも、スリルとユーモアが不思議に共存し、意外な結末が待ち受ける本書は、十分おすすめできる。
 ファンタジー色がないことで、かえってキャロルの個性と、小説としての上手さがよくわかる1冊。


posted by けいりん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。